main

パン屋のアルバイトは幸せを運ぶ仕事

パンを自分で作れたら何て楽しいだろうと思ったことがあります。実際にはパンに限らず、もともとケーキやスイーツに人一倍興味がありましたので、もし好きな仕事に就けたらと考えた時に、パン屋のアルバイトも頭に浮かびました。それでも若い頃はまったく異業種に就職してしまったため、それは想像の世界だけで実現はしなかったのですが、ある時に転職を経験することになりました。

それまでの仕事で得たスキルを活かすのがひとつの方法でしたが、敢てそれは断念し食品製造の部門に足を踏み入れることになったのです。いろいろ問い合わせてみて最終的に選んだのはパン屋ではなく、ケーキ屋でしたが、そこではパンも製造しており、日によってはその製造を手伝える機会があります。正社員は朝6時ぐらいから仕事を始めます。これはケーキ屋の時間帯であって、パン屋ならばさらに早く4時、5時が当たり前です。

アルバイトを探している最中にどちらの求人も検討しましたので、それぞれの仕事内容を把握できているはずですが、いざケーキ屋で働いてみると、頭で理解できていることがすぐ技術として習得できるわけではないことを毎日のように痛感しました。パン屋でも同様なはずですが、それこそが美味しい物を作る職人の世界であり、続けていくうちに覚えること以外に方法はないのです。美味しいパン屋を覗くと、小麦粉だらけになりながら働く職人を見ることができます。ケーキ屋では甘いグラニュー糖の香りがしますが、バターやパンが焼けるいい香り、これに囲まれて働くパン製造のアルバイトも悪くない気がします。